11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

Battle World Pro-Wrestling

オフィシャルサイト

 

FG15ポスター&テーマ 


FG15ポスターのweb
■前回までのストーリーと今回のテーマ■

2015年最初の本興行【FG13】に激震が走った。
今まで紆余曲折があったにせよ、メインはその興行に出場する中で、実績あるタイトルホルダーや名手達が務めてきたのだが
若手人気成長株とはいえ、まだまだメインを張るには力量不足と目されていたYUE(当時の名は夏目雅子)が、絶対王者金城真央とタイトルマッチ、そしてFG初参戦の赤木ゆうが歴戦の猛者であるB-1王者パンサー理沙子とダブルタイトルと銘打って対戦。新旧対決という大看板の下、二人のルーキーがそれぞれ王座を奪取し、新しい時代を予感させた。

この興行では従来とは違い、なんと10名中7名がFG初参戦というフレッシュさを売りにしていたのだが・・・。
急激な脱皮ともとれるこの結果は、次に続くFG14に問題となって表れた。

8月に行われた【FG14】でチケットの完売は果たしたものの、
近頃連続していた札止めにはならず。
この日、シークレットゲストファイターとして復帰戦を果たした
無冠の女帝新垣ひとみはセミファイナルでノンタイトルマッチとはいえ、B-1王者となった赤木ゆうを一蹴。
新垣はマイクパフォーマンスで観客とFG代表ロッキー山下に疑問の声を投げかける


「FGこれでいいんですか?」


激闘を繰り返し、その中で成長した者同士がメインを張り、タイトルを賭け、しのぎを削っていく・・・。
こうしてレベルを上げ、そして闘う意味の構築を続けてきたFGが人気先行型へ変わってしまったと嘆いているのである。

そして事件は勃発する--
この日のメインであるYUE vs 篠宮桜良の試合後に乱入した新垣は、試合後ノーサイドで称えあう二人を嘲笑。
YUEに挑戦状を叩きつけたのだった。


こうして、無冠の女帝新垣ひとみと、FGの象徴であるYUEがタイトルマッチで激突。
YUEは屈辱的な敗戦を喫しベルトを失ったが、新垣はFGベルト保持を拒否し返上。
現在はFG保持者がいない状態となっている。

この流れだけをみれば、人気先行型の選手を真の実力者が打ち負かした様に思えるだろう。
しかし、実際はそうではなかった。
タイトルマッチの闘いを通しYUEは大きく成長しており、新垣に惜敗したものの、その実力はトップクラスとして高く評価されることとなり、この闘いを経験した事で、彼女は本格派へと生まれ変わったのである。
もう一つ、FG王者であるという責任、ある種呪縛ともとれるモノから解放された彼女に怖いものはなく、これまでより強さが増す結果となった。


そして、今回の【FG15】
メインを張るのは、件のFG13でタイトルを獲得したYUEと
タイトルを失ったパンサー理沙子。
パンサーはFG13で不遇な王座陥落を味わうと
FG14でも実力に不釣合いな敗北を喫してしまう。
とはいえ、今回出場するメンバーの中で本質的な実力は一番だと誰しもが思うだろう。

実力派となったYUEと皆に信頼されるパンサー。
良い試合をすればいい?

しかし、メインイベンターに連敗は許されない。格というものがあるからだ。
隆盛を極めたYUEでさえ、新垣に敗れた為その地位は確固たるモノではない。
上り続ける勢いよりも、失い転げ落ちることの方が、何倍も恐怖と屈辱がある。
この二人の直接的な対戦には深く、重い意味があるのだ。


そして、今回奇しくもFG13と同じ新人選手が10名中7名を占める聖戦~2015~。
初登場とはいえ、実力を見込まれた猛者ばかりがエントリーされた事で

本当に回を重ねた者のみがスターになれるのか?
トップファイターとは何か?
それを証明する闘いがFG15にはある 



選手の立場から思う事ではなく、我々傍観者が思う事

敗れる事で失うモノとは何なのか?
それよりも傍観者側からすれば、試合で生まれる感動は勝敗以外にあるのではないか?

その答えを今、我々は目撃する。





立ち見でもこの日の模様を収めたDVDを後日プレゼント!!
チケットはこちら!!

http://www.akibacom.jp/products/list.php?label_id=1195
スポンサーサイト

Category: イベント情報

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fightinggirloffice.blog.fc2.com/tb.php/374-1f85ed21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)